お尻の冷えにもご用心!

こんにちは、ひだまり堂の砂生です。 変わらず寒さに負けないよう、白湯を飲みながら温活を頑張っています。 「冷え」というとみなさんどこが冷えていますか? 手足の冷えを感じるなんて方は多いと思います、が、お尻の冷えはどうでしょうか? 自分のお尻を触ってみてみてください。お尻…冷えてないでしょうか? お尻は内臓を循環する血液を増やすのに重要な役割があるといわれています。 そのため、お尻が冷たいということは内臓の冷えている可能性があるかもしれません。 また、お尻の近くには子宮や卵巣などの器官もあるため、お尻が冷たいことで骨盤内の血流悪化し、婦人科系に不調が起きることもあります。 また、冷えている場所には脂肪は付きやすいという性質があるため綺麗なヒップラインを手に入れるためにはお尻の冷えは天敵です。 デスクワークなどで長時間同じ座りっぱなしの姿勢でいると、圧迫され下半身の血液循環が悪くなるのも注意が必要です! お尻の冷えが気になる方には、そのままにせず普段より一枚多くレギンスやスパッツを重ね着してあげるだけでいつもより温かさが違います。 冷えにはじっくりお風呂であたためてあげるのも効果的です。 ただ、私もそうなのですが長時間入っているとのぼせたりしてしまいます…。 そのため、まずは半身欲で冷えの気になる下半身を温めてあげるのもおすすめです! 先日読んでいた本には、半身浴にプラスして上からビニール袋を被ると即席の低温サウナがつくれると書かれていました…。なるほど…賢い…! みなさんは、お尻を触ってみていかがでしたでしょうか? 冷えているぞという方は、そのままにせず温活スタートしてみてくださ

ドラマ「コウノドリ」のお話し

こんばんは。 ひだまり堂の中島です。 本日の診療も無事に終わりました。 土・日はお仕事がお休みの方が多いので、予約が埋まりやすくなっております。 お早目のご予約をおすすめしております♪ さて、またテレビドラマのお話しを。 ※※若干ネタバレを含みますのでご注意を!!※※ 皆さんはテレビドラマ「コウノドリ」をご覧になってますでしょうか? 漫画が原作で、今回で2回目のテレビドラマ化となりました。 私は漫画も全巻読んでいるほど好きな作品なのですが、キャラクターやストーリーがおもしろい!というだけではないんですよね。単純に・・・ 勉強になる のですよね。 当院では不妊治療も行っておりますし、妊婦さんもご来院いただくので、「コウノドリ」の内容は他人事ではないし、すごく勉強になります。 もちろん不妊治療や産科の知識は勉強していますし、日々脳内を更新しています。しかし莫大な量をすべて入れておくのはなかなか難しいものです・・・ そんな時、ふと「コウノドリ」を見て、とりあげられている疾患やテーマを見ると、「あ!これも大切だよな!」と復習する機会をいただけるのです。 たとえば昨夜は「甲状腺クリーゼ」が取り上げてられてました。 妊婦さんは妊娠初期に一過性の甲状腺機能亢進症になることがあります。亢進症が持続してしまうと流産や早産、最悪の場合今回の様な甲状腺クリーゼになると、母体が亡くなることも・・・なのでしっかり事前に血液検査で甲状腺ホルモンのレベルを測定し、正常値にしておく必要があります。 今回のドラマにも書かれていたように、甲状腺機能亢進症の症状は多汗や動悸・手の震え・体重減少など、以外に目に付きや

自分でできる温活!

こんにちは、ひだまり堂の砂生です。 寒さに負けていませんか? 私は寒さが大の苦手なのではやくも温かい季節が恋しくなってきています。 さて、みなさんは寒さ対策にどんなことをしていますか? 私は冬の寒さに負けないための温活として「白湯」を飲むのをスタートしました。 つい、寒い季節は温かいコーヒーや緑茶を飲むことも多いかと思いますが、冷え性さんにとってカフェインがかえって身体を冷やすことにつながっている可能性もあります。 カフェインは、交感神経を刺激するため血管が収縮し血液の流れが悪くなり身体の冷えにつながってしまうようです。 「白湯」を飲む健康法はアーユルヴェーダといってインド・スリランカ生まれの伝統医学からきています。 白湯とは、やかんに水を入れ沸騰後15分くらいで火を消し、50~60℃に冷ましたものです。 飲み方は、1杯を10分くらいでゆっくりと飲みます。 そんな白湯を飲む温活ですが、朝起きた時、食後、休憩中、就寝前のタイミングで飲むことがおすすめのようです。 ただ、たくさん飲めばいいのかというわけではなく1日のうちで白湯を飲む量は800ml以上飲んでしまうと身体に負担がかかり、逆効果になってしまうため注意が必要です。 白湯を飲むことで内臓が温まり、身体は活動のため体温を上げる必要がなくなるので、その分エネルギーをほかの内臓器官を働かせるために使うことができるようになります。また、血流がよくなり新陳代謝が活発になります。 私は、朝一番に飲むことと就寝前に白湯を飲むようにしたのですが体感として日中の冷えかたが変わったような気がします。 さらに、冷え対策以外にも白湯には女性にはうれ

今月のお茶

こんにちは。ひだまり堂の中島です。 11月になりました。 治療の後にお飲みいただくお茶の種類が変わりました。 今月のお茶は「ルイボスティー」です。 ルイボスティーは抗酸化成分が含まれており、美容・ダイエット・冷え・むくみ・妊活など、あらゆる面で女性の味方をしてくれるおいしいお茶です。 ノンカフェインなので妊婦さんや赤ちゃんも飲めるのも嬉しいところ。 南アフリカのお茶なのですが、クセもなく美味しくいただけます。ぜひ味わってみてくださいね♪

11月のキャンペーン

こんばんは、ひだまり堂の砂生です。 今年も残すところあと2か月になりました!台風が来たかと思えば木枯らしが吹いて急に寒くなってしまいましたね。 冷え性にとってつらい季節がやってきてしまいました。かくいう私も冷え性体質でこの季節とても苦手です。 これからどんどん寒くなっていくにつれて冷え性の方はさらにお辛くなってくるのではないでしょうか? ひだまり堂では、そんな冷え性体質さんにぴったりなはり灸温活キャンペーンを今月実施いたします。 ところで冷え性とはいったいどんな状態かご存知でしょうか? 冷え性とは、言い換えれば血液の流れが悪い状態にあります。毛細血管へ温かい血液が流れず、血管が収縮し、そのため手足が冷たい状態になってしまっています。 もともと女性は、筋肉量が少なく、月経により血液が減るため熱を伝える血液が身体の末端にまで届きづらいので、男性にくらべ冷えやすい体質をしています。 冷えの原因はさまざまありますが、はり灸施術では血流改善を行いながら、ストレスやホルモンバランスの乱れによって起きた自律神経の乱れを整えていきます。 また、ひだまり堂では東洋学的にもお身体の状態をしっかりと診断していきます。 東洋医学では、身体を構成する「気」「血」「津液」の状態が足りない状態になってしまったり、巡りが悪く滞ることによって冷え性が起こると考えています。 お身体は、五臓六腑がそれぞれ与えられた役割を上手にバランスをとりながら機能させているのですが、ストレスや食生活のなど日常生活の中でバランスを崩していまい上記のような気や血が足らなくなったり、滞ってしまう状態を作り出してしまいます。 一つ例をあ

特集記事
最新記事
アーカイブ

〒174-0071

​東京都板橋区南常磐台1丁目29番 12号ホンダビル3F

​女性専用はり灸院 ひだまり堂

tel :03-6905-9551

  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagram - Grey Circle

© 2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com