お灸の気持ちよさをしってもらいたい!



こんにちは、ひだまり堂の砂生です。

あれよあれよと時間が過ぎいつの間にやら4月になってしまいました…。

早いですね。


今日のブログは、お灸についてです!

さてさて、みなさんはお灸すきでしょうか?

最近はドラッグストアにも置いてありますし、簡単な自宅でできるお灸をご自分で

試したことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私はお灸が大好きなので少しでも魅力を伝えられたらなと思っております。

ご興味のある方は是非読んでみてください…


鍼灸師という免許についてですが実はこれ、「はり師」と「きゅう師」と別々の資格になっております。つまり、きゅう師の免許を持っていなければお灸をすえられないのです。

鍼灸院というとお灸より鍼がメインになると事が多いと思うのですが、鍼に負けないくらい

とっても効果的です。(そもそも、どちらが効く、優れているということじゃないのですが…)

何よりお灸もしっかり据えてあげるととっても気持ちいいです。

では、お灸ってどんな症状に効果的なのか…

はり、お灸どちらも血流改善をしてくれるという意味では効果は同じです。

しかし、東洋医学では鍼は「気」をあつかうのが得意でお灸は「血」をあつかうのが得意という感じです。気が巡れば血もめぐるし、逆もまた同じことなのです。

なので、はりだけで刺激してあげても問題ないのですが、お灸を使ってあげた方が効率的なこともあるのです。

例えば、冷え性の対する施術ではりをするのもいいですが、お灸は温めることが得意ですのでそちら

をつかってあげるというような感じです。

そして、何度も言いますが何より、お灸は気持ちいいです!!


私が学校を卒業した当時、せんねん灸も気持ちいけれどせっかくきゅう師になったのだから

ちゃんと自分の手でもぐさからお灸をすえられるようになりたいという思いがありました。

そのため、ちゃんとしたきゅう師になるべく治療院をさがしてそこで5年間修業をさせてもらいほぼ毎日みっちりお灸を朝から晩まで据えてたくさんの経験をしました。

今でも、親指と人差し指にはヤニがついてしまい茶色くなっていますが、修業時代は1日にすごい量のお灸をすえた為、ヤニで黒焦げになり、ちょっぴり指紋がなくなりました。

そのかいあって今では、自信をもってはり師でありきゅう師でもあるといえる自分がいます。

せんねん灸って、シールをぺろっとはがせば簡単にできてしまうのでとっても魅力的なのですが

(私も疲れているときはお世話になります。)せっかく鍼灸院に勇気をもって一歩踏み込んでくださった皆さんにはもぐさをひねったお灸を体験してもらいたいと思うのです。


ひだまり堂では、主に2種類のお灸をつかって施術をしています。

ほんわりあったかいお灸とだんだん温かさを感じるお灸です。どちらもとう熱灸といって肌の上に

直接もぐさをのせて据えるもです。その人、その人に合わせてお灸の温度も調節できるため(取るタイミングや、燃える火を消すタイミングで調節をします。)施術中に皆さんのお好みの温度で施術をすることも可能です。

お灸というと熱くじっと我慢するというイメージがあるかもしれませんが、心地よい温度でも十分身体がポカポカしてきます。

リラックスして寝てしまう方も多くいますので安心して受けていただければ嬉しいです!


4月もまだまだ季節の変わり目で体調を崩しやすくなっていますので

どうぞ体調管理にはお気を付けください。

お灸にご興味ある方は是非ひだまり堂にお越しください~!


それでは、今月もどうぞよろしくお願い致します。




特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square