花粉皮膚炎にご用心!


こんにちは!ひだまり堂の中島です。

晴れの天気が続いていて、とても気持ちが良い日和が続いております。

桜の開花ももうすぐそこ。それと同時に花粉もピークに飛び交っている様です。

私も弱めですが、花粉症持ちです。数年前からデビューしたのですが、鍼灸治療のおかげで、あまり強い症状はでなくなっております。

が、今年は何かおかしいのです・・・。

鼻や目がまぁそこそこかゆい感じがあるのは例年通りなのですが、

今年はとにかく皮膚がかゆい・・・。

顔や腕、太ももがとにかくかゆくてかきむしってしまいます;;

あぁ、どうしてかゆみってこんなに我慢できないのでしょう。

ある意味痛みよりつらい気すらしてきます。

テレビを見ていると、今年の花粉は皮膚炎症状を起こしている人が多いそうです。

「花粉皮膚炎」というやつ。私もこれが原因か!?

ここで花粉皮膚炎かも!?簡単なチェックリストを見てみましょう。

①2~4月にかけてかゆい

②顔や首だけがかゆい、赤い

③化粧のノリが悪くなった

このチェックを見ると私はあまり当てはまらない気がしますが・・・

花粉皮膚炎のメカニズムとしては、今年の様に雨が少なく乾燥が強い日が続くと、当然皮膚がかさかさと乾燥し、皮膚のうるおい・バリア機能が弱くなり、そこに花粉が付着することでアレルギー反応を起こし、かゆみ・赤みを生じるとのことです。

今までの花粉シーズンにはあまりなかった症状ですよね。

対策としては、つるつるとした素材の洋服を着て、マスク・眼鏡・ぼうしなどで花粉をよせつけない事。家から帰ったらすぐ洗顔!すすぎは20回以上がいいそうです。(多い!!)そしてしっかり保湿すること。だそうです。

外に出る限り、花粉に触れてしまうのは必至。できる限り触れないように工夫することが大事ですね。

それに加えて鍼灸治療をすれば対策ばっちりですよ♪

花粉のアレルギー症状は免疫力の低下の原因のひとつ。鍼灸治療を続けていた結果、免疫力が高まり、今年はまったく花粉の症状がでなかった!という方もいらっしゃいます。また、お顔にある鼻の通りをよくするツボに鍼をすると、鼻の通りも良くなり鼻呼吸ができるようになりますよ。なかなか気持ち良いですよ♪

全身の治療をするともっと効果的です。東洋医学で花粉症は五臓の「肺」が強く関係していると言われています。「肺」が弱まることで花粉症が発症しやすくなります。肺の力を高め、ひとりひとりに合ったツボをプラスするとこの季節、快適に過ごしていただけると思います♪

気になる方・お悩みの方はお気軽にお問合せ下さい♪

さぁ、明日は特別な日です!何の日かはまた明日お伝えします~~♪

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

〒174-0071

​東京都板橋区南常磐台1丁目29番 12号ホンダビル3F

​女性専用はり灸院 ひだまり堂

tel :03-6905-9551

  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagram - Grey Circle

© 2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com