風疹の抗体はお持ちですか?


こんばんは。ひだまり堂の中島です。

突然ですが、みなさんは風疹(ふうしん)の予防接種はお済ですおすみですか?

先日患者さんとも話題にあがりましたが、現在風疹が首都圏を中心に緊急情報が流れるレベルで流行中とのことです。

風疹はワクチンを接種しておけば予防できる疾患です。

現在は1歳と小学校入学前の幼児に対して、ワクチンを定期接種するように定められておりますが、昭和54年4月2日~平成7年4月1日生まれの方はワクチンの接種率が低く、昭和54年4月1日以前生まれの男性に関しては子供の頃に定期接種のチャンスがありませんでした。

風疹の何がそんなに怖いかというと、妊娠中の方が風疹にかかると、生まれてくる赤ちゃんが「先天性風疹症候群」という病気にかかってしまうからです。

この「先天性風疹症候群」は、

・耳が聞こえにくい

・目が見えにくい

・心臓に病気がある

といったものです。

ワクチンを接種していれば防げるのに、何もしらない赤ちゃんがこんな病気にかかってしまうなんて、とても悔しいことですし、生んだお母さんは自分を責め続けてしまうと思います。そんなことにならないためにも予防接種は必須です!!!

妊娠中は予防接種ができませんので、妊娠を希望する女性やそのパートナーは絶対に、ご家族の中に妊婦さんがいる方はもちろん、というよりすべての男性女性が接種するべきものだと私は思います。

私も結婚して1年たった頃に風疹の抗体が身体に存在するか調べに行き、ワクチンを接種してきました。当時は自分が予防接種をしたかどうかあやふやな世代ということは知っていましたが、恥ずかしながら調べようともしていませんでした。

しかしながら結婚もしたし、母にもすすめられたこともあり、久々に注射でもするか・・・くらいの気持ちで重い腰をあげようとしていましたが、皆さんおなじみの漫画「コウノドリ」を読んで、次の日急いで病院に駆け込んだ事を良く覚えています。

「コウノドリ」の風疹について書かれた回では、風疹の予防接種の大切さ、先天性風疹症候群がなんとも悔しい病気であるということが、すごくわかりやすくショッキングに描かれています。特に男性には読んでほしいです。そして自分が風疹の予防接種を過去にしたかどうか定かではない方は、ぜひ検査・予防接種をしてほしいと思います。

決して他人事ではありません。

「コウノドリ」の風疹を取り上げた回は、現在講談社さんの「コミックDAYS」にて、緊急無料公開されているようです。私は読んで何よりも気持ちが突き動かされました。

予防すれば防げる病気ほど、防げなかった時の悔しさは強いです。それがまったく何もわからない生まれてくる赤ちゃんに影響があるならなおさら。

是非このブログを見ていただいた方は、自分はどうなのか調べ、予防接種してなければ病院に走りましょう!注射1本、1万円くらいで出来ます。そして周りにも伝えてほしいと思います。宜しくお願いします!!

それにしても「コウノドリ」はやっぱりすごい・・・。

いつも勉強になります!いつも泣ける・・・

是非お読み下さい♪

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

〒174-0071

​東京都板橋区南常磐台1丁目29番 12号ホンダビル3F

​女性専用はり灸院 ひだまり堂

tel :03-6905-9551

  • ツイッター - ホワイト丸
  • Instagram - Grey Circle

© 2023 by Soft Aesthetics. Proudly created with Wix.com