歩いて歩いて





こんにちは、ひだまり堂の砂生です。

お久しぶりのブログになってしまいました。

いったん寒くなった季節もなんだかまた少しだけ暖かくなりましたね。

暖冬になるだとか、いやいや寒い冬になるだとか…

いろんな噂が飛び交っていますが本当はどちらなのでしょうか…

寒いのは嫌だけど、暖冬も地球環境的にどうなのか…

と悩んでしまいますのでほどほどの寒さでお願いしたいです。


つい最近、某アプリをダウンロードして積極的に歩くようにしています。

まだまだ始めたばかりであまり自慢が出来たことじゃないのですが

三日坊主になってしまいがちな私が3日はクリアしたのでまずは褒めたいと思います。

ちなみに、私は昔から運動に関していい思い出がまったくないというか挙げればきりがないほど運動でした嫌な記憶がたくさんあるので、運動を始めることに対してとてつもない抵抗感を持っています。

なので些細な事でも自己肯定感を上げていこうと思います。


アプリに関しては特に何かを捕まえるということもなく、ただ歩いて世界にお花を植えましょうという

内容なので誰かと競うこともなく黙々とお花を植えています。

あと、いいなと思っているのが一日の終わりに今日の感情を「悪い、普通、良かった」で記録と残せるのもいいなと…。

自分のちょっとしたメンタル管理にも使えそうだなと思っています。


意識してせっせと歩いてみると結構足の疲れが気になります。

そこで今日は足の疲れに効くツボもご紹介したいと思います。

もったいぶることなく、早速言いますがずばり足の疲れに効くツボは「足三里」です!

有名なツボなので皆さんも一度は耳にしたことがあるのじゃないでしょうか。

結構万能なツボなので免疫力をあげるのに使ったり、胃の調子を整えるのに使えたりと

用途が様々なのですが、なんといっても名前の通り足の疲れにとても聞くツボになっています。

松尾芭蕉の奥の細道にも足の三里に灸据えてあるいた俳句が読まれているそうですよ。

松島を目指す道中、松尾芭蕉も自分自身でお灸をすえたのかもしれません。


足の三里は膝のお皿の上に親指を添えて指を直角にのばした中指の高さになりますので

皆さんも足の疲れが気になった時は使ってみてください。

指で優しく推してあげるのでもだいじょうぶです!





それでは、11月も折り返し地点になりました!

残りも頑張っていきますのでどうぞよろしくお願い致します。






特集記事