今こそ、美容鍼灸。




こんにちは。ひだまり堂の中島です。


いよいよ梅雨入りになりそうな今日この頃。

コロナウイルスもまだまだ流行ってはいるものの、マスク着用の範囲が減ったりして、警戒しつつも以前の日常が少し戻った気がします。

中島も自転車通勤なので、朝通勤中はマスクを少し外してみたりしています。前は当たり前の事だったのに、外すと変な感じがしてしまいますね。。。


マスクが外せる様になったら、皆さんはどう思いますか?

最近患者さんと話していると、まだまだコロナが怖いからマスクは手放せない!という方も多いですが、「マスクを外して自分の顔を出すのがはずかしい。。。」とおっしゃる方も多いです。

長い期間マスクをつけていたせいで、ほうれい線や口元のたるみが気になっている方が多く見受けられます。口元が見えているか否かで、かなり顔の印象って変わってきますよね。


そもそもなぜマスクをつけると口元のたるみやほうれい線が出来てくるか。これはマスクで隠れて人目にふれにせいで、口元を動かす表情筋が緩んだ状態が続き、たるみやしわとなって表れてくるのですね。簡単にいうと油断と緊張感の低下。さらにマスクをつけていると、お肌が乾燥してくるので、小じわや肌質が悪化することもあります。マスクをつけながらスマフォを見るため下を向くと、血流が悪くなってくるので、むくみにもつながってくる事もあるようです。この2年以上のマスク生活、怖すぎますよね・・・


なのでマスクをしている時も口元が緩まないように意識することはとっても大事です。

マスクをしていると、つい口呼吸になりやすいですが、これもNG。口の半開きは口元ゆるゆるですのでご注意を!また、サイズの合わないマスクをすると、顔がむくみやすくなってしまいますので、感染対策の意味でもしっかりサイズのあったものをチョイスしましょう。


とはいえ、この2年間でお顔の悩みが増えた方は多いはずです。

ここ2年くらいのたるみやしわはまだ間に合うはず!今こそ、マスクなしにそなえて美容鍼灸をしてみてはいかがでしょうか?お顔の悩みはもちろんですが、目の疲れや首肩のコリにも効果があったりして、一度やるとはまってしまう人続出ですよ♪


今、美容鍼灸に関する「ひだまり堂通信」を制作予定です。みなさんに興味関心を持っていただけるように頑張って作ります♪ご期待下さいー!!




特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
まだタグはありません。
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square